メニュー

オミクロン株について①

[2022.08.30]

私(渡邉)の研修医時代の先輩である、公立陶生病院 感染症内科 武藤義和先生から、最新のオミクロン情報を教えていただいたので、皆さまにも共有したいと思います。

武藤先生はテレビで見ると硬派で真面目なイメージですが、実際にはとっても優しくて面白い先生です。

オミクロン株の正しい知識を身につけ、少しでも不安を解消できればと思います。

*写真はお借りしました

オミクロンってどんな症状が出るの?

オミクロンの症状はほとんどが発熱咽頭痛から始まります。

デルタと比べて増えたのは、咽頭痛、声がれ、関節痛です。

発熱の頻度は変わらないです。

逆に、鼻水、脱毛、味覚障害は明らかに減っており、嗅覚障害に関しては80%以上減っているらしいです。

 

症状が改善するまで何日かかるの?

症状が改善するまでの時間は、平均6.9日と言われており、1週間あればほぼ改善するようです。

デルタは8.9日と言われていました。

Lancet 2022; 399: 1618–24

オミクロンに感染すると、どんな経過になるの?

早い人は1日で治って元気になるけど、長い人は5-7日間くらい39℃の発熱が続く場合もあります。

入院する人は、だいたい発症初日~2日目がほとんどです。

ご飯が食べられなかったり、肺炎を併発したご高齢の方や、熱性けいれんの小児などは入院になります。また、全然関係のない病気の人を調べたらコロナ陽性になって、コロナ病棟へ入院するケースがあります。

また、ワクチンを打っている人で重症化する事はまずない印象だそうです。

発症~2日目

なんとなく喉が痛いかな、と思ったら、翌日から震えと発熱が発生。

高いと40℃を超える発熱があり、インフルエンザのように悪寒で夜も寝れなくなるケースがある。筋肉痛もでる。

喉の痛みはつばを飲み込んでも痛いほどになるが、水すら飲めなくなる事はマレ。そういうケースは入院経過観察も検討。

3~5日目

やっと熱が下がってきて、寝れるようになってくる。喉の痛みもこの頃にはだいぶ良くなる。

咳や頭痛や下痢が出始めて、しばらく続く人もいる。

6日目~

多くの人はもう元気になる。

デルタまでであったような、7日目で重症化するケースはまず起こらない。

ただし、咳や頭痛が1~2週間ほど続く人もいる。

https://www.vecteezy.com
Lancet 2022; 399: 1618–24
https://joinzoe.com/learn/omicron-symptoms

後遺症はどうなの?

後遺症に関しては色々なデータが出てきていますが、評価の基準が一定ではない部分もあり、はっきりと後遺症としていいのか分からない部分も含まれてしまって難しいところです。

最近では、全体の7%前後が後遺症を有すると言われ、英国では200万人が感染後4週間以上経過しても何らかの症状を有していると報告されています。

時間が経っていないため、オミクロンに関してはまだ十分なデータがありません。

後遺症がある人の中で症状の種類は、倦怠感(56%)、息切れ(31%)、嗅覚障害(22%)、筋肉痛(21%)などがあります。

ワクチンを打っていると、打っていない人に比べて後遺症発生頻度が15%程度下がると言われています。

https://www.freepik.com/
BMJ 2022;377:e069676
Nature Medicine volume 28, pages1461–1467 (2022)

 

次回は、

・オミクロンは発症が早い?

・検査はいつまで陽性が続くの?

・いつまで人に感染させるの?

についてご紹介させていただきます。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME